×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

title


English

Japanese


プロフィール

香川 幸太郎
博士(理学)
統計数理研究所 統計思考院 特任助教


研究の概要

「多種多様な生物がどのように進化してきたのか?」という疑問に答えるために、コンピューター・ シミュレーションと数理モデルを使って研究しています


送粉共生系における多様性の進化

植物と送粉動物の共生系は、多様性に富む生物系の代表格です。送粉系における多様性が進化したメカニズムに迫るために、2つのテーマで研究を行っています:

(1)送粉者の捕食者が、送粉系の多様化に果たす役割
よく花の上で訪花昆虫を待ち伏せしているクモなどの捕食者を見かけます。また、イチジクとイチジクコバチによる「絶対送粉共生系」では、コバチに寄生するハチや、花粉媒介を行わずにイチジクに寄生するコバチが普遍的に存在します。このような送粉共生系の「邪魔者」は、花と送粉者の進化にどのように影響するのでしょうか?コンピューター・シミュレーションを行った結果、送粉者の捕食者の存在は、植物・送粉者・捕食者の大規模な共進化を引き起こす引き金となることがわかりました。また、このような大規模な共進化が起きることで、植物と送粉者の新しい種の創出が促進されることが示唆されました

(2)無報酬花における離散的な色彩多型の進化メカニズム

ふつう、植物と送粉者は、互いに利益がある「相利共生」の関係にあります。しかし、植物の中には送粉者に報酬の花蜜を与えず、送粉者を騙して利用する「無報酬花」をつけるものがあります。このような無報酬花のいくつかの種で、同種内で何色かの花色が共存する、色彩多型現象が知られています。このような色彩多型はなぜ進化したのでしょうか?また、進化する花色の数はどのように決まるのでしょうか?この疑問に答えるため、個体ベース・コンピューター・シミュレーションモデルを構築して、無報酬花の花色進化パターンの予測を行っています


どのような系統が適応放散するのか?

生物の分類群ごとに、種の多様性は異なっているように見えます。どのような分類群が多様化しやすく、どのような分類群は多様化できないのでしょうか?この問題にアプローチするため、 単一の分類群で急速に種・形質が多様化する「適応放散」現象に着目して研究を行っています。コンピューター・シミュレーションの中で適応放散を再現し、どのような特徴を持つ分類群で多様性の進化が起きやすいのかを調べています

研究業績

論文

Kagawa, K., Takimoto, G. 2014. Predation on pollinators promotes co-evolutionary divergence in plant-pollinator mutualisms. American Naturalist 183: 229-242.


Takahashi, Y., Kagawa, K., Svensson, E. I., Kawata, M. 2014. Evolution of increased phenotypic diversity enhances population performance by reducing sexual harassment in damselflies. Nature Communications 5: 4468.


Kagawa, K., Takimoto, G. 2016. Inaccurate color discrimination by pollinators promotes evolution of discrete color polymorphism in food-deceptive flowers. American Naturalist in press.


シンポジウム企画
香川 幸太郎,瀧本 岳. 2012. 新規形質はどのように出現するのか?数理モデルから得られた新たな洞察. 第28回個体群生態学会大会,S4, 船橋.


鈴木 美季, 香川 幸太郎. 2014. 動物の認知行動から植物の進化を理解する ~植物生態学と動物行動学の共進化をめざして~ 第61回日本生態学会大会,W03,広島.



学会発表(査読あり)

Kagawa, K. 2012. Why are rewardless flowers divers? A simulation study. The 97th Annual Meeting of Ecological Society of America, PS102-168, Portland, Oregon, US.

学会発表(査読なし)

香川 幸太郎,瀧本 岳. 2010. 非対称な食物網は進化的にも安定か? 第57回日本生態学会大会,P2-077,東京.

香川 幸太郎,瀧本 岳. 2011. 送粉相互作用を介した同所的種分化の理論的可能性. 第58回日本生態学会大会,P2-291, 札幌.

Kagawa, K. , Takimoto, G. 2012. Why rewardless flowers are diverse? 第5回東アジア生態学会連合大会, P2-140A, 大津.

香川 幸太郎. 2012. 無報酬花の色彩多型はなぜ進化したのか?~シミュレーションによる研究~. 第28回個体群生態学会大会,S4-3,船橋.


香川 幸太郎,瀧本 岳. 2014. 適応放散する系統の特徴を探る~雑種形成と性選択の役割~. 第61回日本生態学会大会,PA2-010, 広島.


Kagawa, K. , Takimoto, G.2015. Roles of hybridization and magic traits in adaptive radiations. 第62回日本生態学会, I1-25, 鹿児島.>


連絡先

  • 香川 幸太郎
  • 統計数理研究所 統計思考院
  • 〒190-8562
  • 東京都 立川市 緑町10-3

  • Email: kagawakoutarou(at mark)gmail.com